おすすめグッズ

2013年11月19日 (火)

昇降式学校机&椅子 レビュー

昇降式学校机&椅子のセット

受注生産の天板(カバ材)を選んだので、1か月待って到着しました。

早速愛用していますが、とても快適です。安価、頑丈、機能は二重マル。ネットで見た印象以上に脚部がしっかりしていました。業務用のため細部の作りは粗いですが、私的にはかえってレトロで良いくらい。

ただし、昇降の調整は苦労しました。製品に説明書が貼ってあるのですが、それだけだと正直わかりません。試行錯誤しながら初回の調整に約30分。二回目に机の高さを1段階(3㎝)高くしたときは、外してはいけないネジを外してしまったようで、受けの金具が机の脚の中に落ち込んでしまい、菜箸で引き上げながら悪戦苦闘しました。慣れれば簡単な作業のハズですが…。

机は61㎝の高さでソファー用のノートパソコンテーブルとして、椅子は最大の44㎝に調整+クッションを置き、息子が学習机と合わせて使うことになりました。いつも座っている学校の椅子ですから、落ち着いて勉強できる様子です。小学校低学年から対応の学習机とセットのチェアーは少し窮屈になってきたみたいで、丁度良いタイミングでした。

ちなみに、机&椅子の脚部の色、デザインは同一ですが、木製部分の色や質感は相当異なります。机は明るい色でツルツルピカピカ、椅子は濃色でマットな雰囲気です。統一感を求める方には不向きかもしれません。

機能面でラッキーだったのは、我が家のルンバが家具として認識してくれたことです。これまでのノートパソコンテーブルは猫脚チックなアイアンの脚部に乗り上げてしまい、常にエラー出していましたから。この差は大きい!ルンバが使えるだけでも、買い替え大成功でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月24日 (木)

アクシアライト 破損の顛末

アクシアライトのメガネフレーム、軽いかけ心地に大満足で愛用していたら、うたた寝中に破損してしまいました。

鼻に近い部分の部品の近くのレンズが欠け、つるがねじ曲がってしまいました。メガネをかけたままの「うたた寝」何年かに1度はやってしまうのです。

このフレームを購入するとき、「お店では修理できません」と言い含められていたので、やってしまった、、、と衝撃でした。

高額のレンズを入れていたため、2万円近くの修理代+2週間の工場送り。

仕方ないので、慌てて「翌日にはでき上がる」レンズとフレームで、同じ度数のメガネを作ってもらいました。こちらは1万5千円程度で、極力フレームが安価、軽量、丈夫そうなものにしたかったから、このフレームしか選択肢はなし、という感じでした。

よって、デザインと顔の適合性皆無。出来上がってかけてみると、何ともいえない面白い顔になりました。唯一、夫はこちらの方が若くみえるよ~と珍しくホメテくれたのが救いです。息子はおなかを抱えて大笑い。

まぁ、自分では普段は見えないし、周囲に笑いが起きればそれでよし。数日たって見慣れてくると、それなりに良いかも、と思い始めたりして。

これを機会に色々なデザインのメガネを作ってみようかな。かけないと生活できないのですから、楽しまないと損かもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月15日 (土)

新しい水筒はメンテナンスが楽々

部品が多くて失敗だった某社製の水筒ですが、まだ使えるものを廃棄するのは憚れて、せっせと携帯し続けていました。しかし、一番小さなパーツを台所で紛失してしまい、ついに買い替えることにしました。

今回選んだのは、

タイガー ステンレスミニボトル サハラマグです。色違いで2本購入し、1本は水用、もう1本はコーヒー&お茶用にしました。

過去の失敗を踏まえ、店頭で部品の数と外しやすさをチェック。取扱説明書まで熟読して決めました。本体、フタ、パッキン1個の3分割は、たぶんステンレス魔法瓶の類似品中で最小のはずです。

水筒選びにあたって、私が最も注目するポイントは部品の少なさとメンテナンスのしやすさです。気をつけなければならないのは、必ずしも部品が少ない=メンテナンスがしやすい、と単純ではないことです。

パッキンの形状、取り付け方、柔らかさの度合いなどによって、素手で外せるものと何か鋭利な道具(私は使い込んだ竹串を愛用しています)や細い道具(塗り箸の先など)がないと外せないものとがあります。この場合、素手で外せる方がメンテナンスは楽々。

同じメーカーの製品であっても作りは様々なので、モデルごとによくチェックすることが大切だと感じます。

ワンタッチオープン、樹脂製飲み口つきなど、便利な機能がついていればいるほど、作りは複雑になって、メンテナンス上はマイナスになっていることがあります。長く愛用するためには、目先の機能向上にとらわれないシンプルでメンテナンスフリーな製品が一番です。

もう一点、メーカーは強調されていないようですが、サハラマグの本体のスクリュー部分は内側についています。よって、口があたる外側はきれいなフラット形状。ステンレス製のわりには口あたりがソフトですし、何度か水を飲むうちに外側のスクリュー部分についてしまった水滴が落ちて鞄を汚す確率も減るような気がします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月 5日 (土)

2012買って良かった(勝手に)ランキング

昨年1年間のお買物を振り返り、勝手に良かったランキングでご紹介します。

第1位: スリースノーの洗い桶

デザイン、機能性、価格、すべてにおいて私にはパーフェクトな製品です。毎日、いいな~と思いながら食器洗いに勤しむようになりました。スリースノー洗い桶のない生活で、これまでどうしていたのでしょう。今では思い出せないほどです。最寄りの店舗では扱っていなかったため、偶然インターネットで出会えたことに感謝です。

第2位: クードのホワイトなゴミ箱

実は購入直後は「失敗したかも…」と思った一品。価格の割に普通のプラスチックのゴミ箱だったから、デザイン重視で実用性はスルーしているのかと感じたほどでした。しかし、クードは使えば使うほど、その良さがわかってくるような気がします。我が家では45リットルのゴミ袋を装着し、可燃ゴミ1個、プラスチックゴミ1個として、2個並べて使用しています。オールホワイトなので、特に蓋の汚れは目立ちます。

第3位: メリタのアロマコーヒーフィルター

偶然知った、ドリッパーの3つ穴と1つ穴との違いに驚きました。テクニックゼロで、毎朝決まった味を保てます。

第4位: ハリオのアキコズクッキングメジャー・ドレッシング

市販のドレッシングをほとんど購入しなくなりました。シンプルなデザイン、メンテナンスのしやすさなど、毎日使いたくなる基本的な性能が素晴らしいです。2個購入して、1個はアキコさんオリジナルの中華ドレッシングを、もう1個には小林カツ代さんのレシピで作って冷蔵庫に常備しています。

第5位: 通販生活の口紅 紅あかり

食用成分だけで作られているので、安心して使えます。一度試しに購入してみたら、他の化粧品を使えなくなりました。通販生活の説明どおり、落ちやすいのは難点です。

第6位: ブックストッパー 

以前から欲しかったものをやっと購入しました。これは想像以上に便利。ダイニングテーブルの上にレシピ本を広げておくのに重宝しています。いずれは勉強にも活用していく予定です。

第7位: スケーターのバターケース 

 

カッティングガイドがついていて、1本200gのバターを概ね5gずつに切り分けて保管できます。見た目がシンプルだし、残量がすぐわかって便利です。しかし、べたつくバターを切り分けるのは、なかなか大変です。私はナイフを引きはがすときにラップで押さえるようにして、素手でバターに触らないようにしています。もっと良い方法があるのかも。

第8位:IKEAの冷凍シナモンロール

焼くだけでお店の味。我が家のオーブントースターは温度調整可能なので、手軽に焼けておいしいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月28日 (金)

スケーター「冷蔵庫用米びつ横型 2.5kg」レビュー

結局東急ハンズで買いました。定価1,134円×2個。インターネットで購入した方が安価ですが、送料がかかるので微妙。定期を持っていて交通費が自腹ではないし、その場で持ち帰りが可能だったので店頭購入にしました。ちなみにベルメゾンの通販でも扱っていました。

早速5kgの米袋から米びつ2個に置き換えて、予定どおり冷蔵庫の最上段に収めました。

___9_2 残量が一目でわかるし、米袋のまま保管するのと比較して、視界から存在感が消えてよい塩梅です。自分としてはかなり気に入った道具の一つです。後は使いこなす過程で、耐久性がどうでしょうか。また、不具合があればブログにアップしていきます。

インターネットのレビューで「白い蓋を外したらはまらなくなってしまった。」という主旨の記述があって、やや心配でした。実際、私も使用前の洗浄後、蓋がはめられなくて焦りました。

色々試してみた結果、蓋をはめるときは、まずは持ち手側(黄色いワンタッチボタンがついている方)を合わせて、バネで浮きあがった方の蓋を強めに下ろすとパチンと簡単にはめられることがわかりました。

ワンタッチボタンのついていない側からはめようとしても、どういう訳か全く歯が立ちません。お困りの方がいらしたら、ぜひお試しを~

逆に蓋を外すときは、ワンタッチボタンを押して半分蓋をはね上げてから、はね上がり部分に手を差し込んでスナップをきかせるように蓋を剥がすと楽に外れます。

蓋の外し方、はめ方のコツについて、外装の箱に書いてもらえるとうれしいです。メーカーさんよろしくお願いいたします。

(2012.10.6追記)
使いにくいトールな冷蔵庫最上段の活用法として、スケーターの米びつはベストの選択肢かもしれません。

大きな持ち手と後方に2個ついているコロのおかげで、冷蔵庫から取り出しやすいです。右手で持ち手を左手で底を支えてダイニングテーブルに下ろし、米を計量してボールに移すという作業がスムーズに完了します。

米の冷気で計量カップのメモリが読めなくなりますので、よく使うラインには印をつけておくとよいかもしれません。

想像以上に満足な買物でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月27日 (木)

水筒選びは部品の数にご用心!

長年愛用してきたA社の水筒ですが、あまりにくたびれてきたので数ヶ月前に小さいサイズの水筒を買い足しました。

愛用してきた水筒の後継モデルです。

しかーし。

メーカーのうたう改良点=自分の求めている機能かどうか、よく見極める必要がありそうです。

A社の場合、水筒自体の外観は大きく変わらないのですが、なぜかパッキンや部品が小さく複雑な構造に改悪された上に、それらがとても外しにくいのです。いつも竹串の先をやや丸くしたものを使って作業??していますが、いちいち面倒です。洗う度に小さな部品をなくしてしまいそうで焦ります。

外すのが面倒=戻すのも面倒な訳で、1日当たりの作業量は面倒×2倍です。これが毎日、延々と続くのです。

私の場合、水筒選び=部品の数がいかに少なく、外しやすいか?

というルールで決まり、です。もう、中身がこぼれない限り、保温性能は二の次だわ~と痛感した次第です。

つい、デザインや性能面に目がいっていた水筒選びですが、毎日使うものだけにメンテナンスのしやすさが大切ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月24日 (月)

冷蔵庫用米びつ

石黒智子さんは、ダイソーの米びつで白米を冷蔵庫の野菜室に保管しているそうです(p223)。

今回のミニマムキッチンの改造で、唯一収まりが悪いのがお米の保管場所。過去に色々試行錯誤して、プラスチック製の米びつを所持したり、ブロカントの琺瑯容器に入れていたときもありましたが、いずれも使い勝手が今一つ。最近では5kgの袋のまま市販のトウガラシ系虫よけを入れて、イケアのクリップで止めてから花柄の布袋でカモフラージュしていました。

インターネットで検索してみると、白米を冷蔵庫で保管することについては賛否両論ある様子です。白米の保管場所として冷蔵庫はベストではないけれど、保管しても悪くないということでしょうか。

我が家の場合、比較的冷蔵庫の大きさには余裕があります。逆に食器棚を断捨離してからキッチンキャビネットは混雑していますから、白米が冷蔵庫に移るとスペースの活用法としては良いのかも。

最近、店頭で目にした

こちらを2台、冷蔵室の使いにくい最上段に並べてみようかな。5kg袋を2.5kgの米びつ2台に入れ替えて、冷蔵庫で保管。プラス5kg袋を常温で袋のまま備蓄用として保管するローテーションはどうでしょう。これだとお米がなくて慌てることがなくなるし、いざというときに必ず5kgのストックがある状況は心強いかもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月 9日 (日)

炊飯器を買い替え

以前から買い替えるならこちら、と思っていたパナソニックの圧力IH。モデルチェンジされて生産終了になったと知り、慌ててポチッとしました。

新モデルは当分値下がりしないだろうから、旧モデルで決定。

パナソニックの圧力タイプは旧三洋ラインのため、早炊き時間がとても秀逸です。早炊き時間において、現在愛用している象印の圧力タイプを下回らない機種はたぶんこれしかないので、選択の余地がありませんでした。

8年ぶりの買い替えで、どのくらい進化しているのか??到着がとても楽しみです。

(2012.9.17追記)
週末から使い始めました。レビューで炊飯音が大きいと書かれているものがありますが、先代象印と比較すると小さいくらいのため拍子抜けしました。蒸気の排出も少なく、炊飯器の進化を感じます。

炊きあがりは??象印の方が自分好みでしたが、水加減その他を工夫していくと好みの炊き加減になるのかもしれません。メンテナンスについては、先代象印と同じくらいの手間で気になりません。

お目当ての早炊きは、これから急ぐ機会があればトライしてみます。

自己主張の全くないホワイトで、家電として好きなタイプの顔立ちが気に入りました。また、スイッチオン即出来上がりまでの時間をカウントダウンしてくれるところも便利です。先代は10分前にならないと教えてくれなかったので、ありがたいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

必須のアクリルたわし!だけれど

風呂場で長年愛用していた手製アクリルたわし「ローズ」。先日、ついに力尽きました。いつ編んだのか忘れるくらい昔に作ったものです。

クローゼットの中から何とかテキストは見つかったけれど、かぎ針ととじ針が行方不明(涙)その上、編み図が??よくもまぁ、編み図だけでするすると編んでいたものです。

試行錯誤の結果、風呂場の排水溝掃除だけは、どうしても手製のアクリルたわしでなければ上手くいかないのです。

1個編むのに約1時間かかります。これだけは我が家にとって、必須の手間ですから、何とか編み物のスキルを復活しなければなりません。

(2012.9.16追記)
結局かぎ針ととじ針は見つからずに、新調しました。今度のかぎ針はクロバー社製アルミのシンプルなタイプ。少々手に合わない大きさですが、見かけはシンプルでスマートです。

愛用のハマナカボニー(アクリル100%毛糸)は新宿のユザワヤでお気に入りの色がなくて購入を見送りましたが、最寄りの量販店で偶然、セール価格にて4玉手に入りました。ツイテル。

___6_2 昨晩から断続的に編み進めて、今朝完成。写真よりも実物の方がプクプクしてかわいい感じです。復帰第一作??としてはこの程度かしら。作り方を忘れない程度に編み貯めていこうと思います。

久しぶりの編み物、なかなか楽しいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月 2日 (日)

ルートートさんまい

ポチッとしていたマイ・自宅用ルートート(トール)が届いてから、

・量販店でマイ・職場用ルートート(ミディアム)購入
・ネットで息子・学校用(トールの買い替え)、夫・自宅用(トール)購入

計4袋のルートートざんまいになりました。安価な割にしっかりとしたつくりで、普段使いにお勧めのトートです。色柄を変えて、たくさん持っている方もいるみたいですね。

早く、自宅用リュックのお気に入りにも出会いたいものです。トートはどちらかの肩に負荷がかかるため、あくまで短時間用。中~長時間用はあくまでリュックと考えています。

職場用リュックは、

こちらですっかり定着しました。肩紐をはずして常にリュックにして愛用中です。通勤時はさっと定期、スマホ、文庫本、ハンカチなどを取り出したいので、小さな手提げを併用して、ストレス・ゼロです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧