日記・コラム・つぶやき

2018年8月11日 (土)

お久しぶりです

更新をサボって随分と時間が経ってしまいました。
 
私は元気です。と言いたいところですが、様々な変化がありました。息子はあっという間に大学受験生になり、今年の6月には父が母の元へと旅立ちました。
 
双方両親が鬼籍となりました。我が家は親の介護卒業です。いよいよ自分たちの番??と身の引き締まる思いです。
 
そんな中、家庭の大きな課題が持ち上がって、フィギュアスケートの練習を4ヶ月ほど休んでいます。この課題を乗り越えたら、晴れて練習を再開するつもりです。
変化を楽しみながら、五十代を歩んで行きたいです。
 
 
 

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2015年5月13日 (水)

できること、できないこと。

母の突然死から2か月が過ぎて、良くも悪くも自分の半生を振りかえざるを得ない毎日でした。並行して仕事も繁忙期であったため、心身ともにとてもしんどい時期を過ごしました。

人の一生には限りがある、だからいつまでも先送りはできないのです。

できること、できないことを見極めて、できないことは静かに手放す勇気が必要です。

本来ならば、勉強以前に両親が子供に教えなければならない人生の基本かもしれません。残念ながら、私は両親から教わることはなかったので、今、精神科の主治医の力を借りながら自分で学び始めています。

そして、学んだことを自分の子育てには行かしていきたいと思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年5月10日 (日)

実家の片付け

母の急逝後、入院していた父が介護付有料老人ホームへ転居できたため、GWに姉弟とその家族も手伝って実家の片付けをしました。UR賃貸(高優賃)の典型的な間取りの3K(バリアフリーリフォーム済み)です。

作業は約2日間で95%片付き、昨日団地サービス事務所へ退去届を提出しました。

・冷蔵庫、洗濯機、家具、衣類一式:有料の廃棄物業者へ(支出3万円)
・紙ごみ:古紙回収業者へ(支出5千4百円)
・父の引越し:義兄がレンタカーを借りてくれて、テレビ、わずかな家具、衣類、想い出の品等を搬出。父は老人ホームの方へお迎えを依頼(支出??)
・私達の通知表、作品、卒業アルバム・証書、想い出の品、家族写真:段ボールに詰めて、各自の自宅へ着払い発送(クロネコヤマトへ集荷を依頼)

残す作業は敷金返却査定の立会いと鍵の返却のみとなりました。来週には、両親が横浜市から転居して以来、実家として私達を見守ってくれた家がなくなります。感慨深いです。

晩年の母は、関東地方で有数の巨大団地で落ち着いた生活を送っていました。近年駅前の再開発が飛躍的に進み、楽しく生活していた様子です。UR様様です。UR賃貸への転居を勧めた私自身、ほっとしています。入居期間は7年8か月でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月 2日 (月)

お母さん 長い間ありがとうございました

昨日昼前、最愛の母が鮮やかに人生の幕をおろしました。常々、「ピンピン・スタスタ・介護なし」をモットーに、病院や介護施設のお世話にはなりたくない、と言い続けていた母。看護師として救急病院、精神病院、企業の電話相談室、有料老人ホーム等で生死の現場を見続けてきたからこそ、「介護なし」は本人が強く望んでいたことでした。

その宣言どおり、1秒も介護させてくれずに自ら身体を清め、綺麗な姿で一人旅立ちました。「不詳の病死」とは何とも母らしい。誰も最期の姿を看取っていないのですから、刑事さんの尋問には右往左往しました。生まれて初めて、供述調書?らしきものに拇印まで押してしまいました。しかし「何事も人生経験ヨ。」と、きっと舌を出していることでしょう。天晴れとしか言いようがなく、涙を流す暇も与えてくれませんでした。

享年75歳。あと10年は元気な姿を見たかったのですが、母の波乱万丈な人生を想うとき、大往生なのかもしれません。母を自宅に連れて帰ったときは土砂降りの雨。思わず母の心残りと重ね合わせてしまいました。

それにしても辛いです。あれもこれもと悔いは残りますが、やれることはやったのだと思うしかありません。

お母さん、長い間ありがとうございました。また会いましょうね。必ず会えると信じて、貴女を哀しませないようにお父さんを支えていきますヨ。心残りのメッセージも、私たちにしっかりと残してくれましたね。このブログを楽しみに読んでくれていた様子なので、この記事もきっと読んでいますよね。

~どうしても眠れない夜、心の叫びにお付き合いいただき、ありがとうございました。~

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年1月 3日 (土)

あけましておめでとうございます

あけましておめでとうございます。

最近はTwitterでの発信が多くなっておりますが、ブログへ遊びに来てくださる皆様、本当にありがとうございます。

昨年を振り返ると…

・2月:ソチ五輪  フィギュアスケートの浅田真央選手、髙橋・木原組の応援に燃えました。現地時間との時差で睡眠不足に。
・4月:人事異動  予期せぬ異動で新しい分野の仕事に取り組むことに。まだまだ勉強中です。業務量がとても多く、厳しい毎日でした。
・6月:スケート教室  息子と一緒にアダルトクラスに入会しました。週1回の教室と月数回の自主練習(12月からは個人レッスンを受け始めました)。
・7月~8月:体調不良  子宮、卵巣の調子が悪く、仕事をやりくりしながらの病院通い。プライベートの予定も多く入れてしまい、多忙な毎日が続きました。
・9月~11月:学校行事  息子の体育祭、合唱コンクール、持久走大会等の行事が多数ありました。いずれもとても質の高いもので、生徒達の努力と先生方のご尽力に感謝しながら楽しみました。
・12月:全日本選手権  フィギュアスケートの観戦に行き、後半は息子と同行しました。

今年はいよいよ息子が受験生になります。中学校へ入学以来、あっという間でした。基本的には塾を信頼しお任せしていますが、親の出番も多くなるようです。息子の個性に合った高校と出会えるように祈っています。

それでは、本年もよろしくお願いいたします。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年1月 5日 (日)

あけましておめでとうございます

あけましておめでとうございます。

年末年始は体調がすぐれず、一つ良くなると別のところが悪くなり風邪をひくという、悪循環に陥っていました。

更年期の血液検査の結果は全くもって良好だったので、基礎体力の不足や仕事のストレスが原因だと思っています。こればかりはどうしようもないため、だましだまし進むしかないようです。

やりたいことリストではなく、やらないことリストを意識する新年。

少し足踏みすると、途端に家の中はカオスとなり、それがまたストレス源になります。できない自分を素直に受け入れ、現状に満足するよう心の中を整理する必要がありそうです。

ブログの更新もぼちぼちになるかもしれませんが、お目にとまったときは、よろしくお願いします。

以下、年末の塾三者面談の塾長語録(備忘録)です。

・成績はジグザグしながら進む。下がったときのそのまま落ち込まないよう、上がれるように努力しよう。
・1年の終わり頃入塾し、内申点が5段階9科合計で30→40に伸びた先輩もいる。息子も後に続いてほしい。
・息子の成績レベルだと(ここが重要)、県立よりも私立を選んだ方が大学進学時に1レベル違ってくるケースが多い。このレベルの学校の指導内容によるものと思う。経済的に私立進学がOKであれば、私立を勧める。
・英検は準2級までの取得を目指してほしい。当塾では3年生20人中、準2級に合格したのは3人。
・来年(もう今年ですね)秋までに母親だけでも、とにかく高校をたくさん見て回ること。子連れで行こうとすると抵抗もあるので、母親だけでOK。
・子育ての目標は子供の自立。親子ともに視野を広くもってほしい。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2013年11月23日 (土)

2年ぶりに高校の同窓会

2年ぶりに高校の同窓会に出席しました。

 

影の薄い高校生だった私が同窓会に出席したいと思うこと自体、卒業からだいぶ時間が経ち、故郷が懐かしくなる頃なのだな、と思います。ほぼ1年ぶりに実家のあった街へと出かけました。

 

それにしても10代後半の多感な時期の3年間は濃かった…。ウン十年ぶりに会っても話題の尽きないこと。AさんとBさんが付き合っていたの、へぇ~とか。学園のマドンナ、美少女だったIさんが今や3人の子持ち。凄い。

 

3年のときの担任の先生(女性)ともお話できて、懐かしかったです。新卒以来、初めて見送る生徒が私たちだったそう。たぶん先生は25、6歳。卒業式が終わって最後のホームルームのときに号泣されたこと、今でも鮮明に憶えています。

 

女子たちがしっかりと若さと美しさを保っているのには、大いに刺激を受けました。高校生のときからスチュワーデスになる、アナウンサーになる、という大きな目標を掲げて、ブレることなく叶え、さらに40代で出産。子育てしながらハードな仕事を継続している人も。

 

ここ1年、体調不良で落ち込みがちだったのですが、何とか浮上しなくては、と前向きな気持ちになれました。

 

さぁ!次の同窓会に向けて、内面、外面ともに磨きをかけなくては。って、2年前も誓ったような気がします(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年8月 4日 (日)

更新できずにすみません

パソコン側の不調により、しばらく更新できずにすみません。

定期的にアクセスしてくださっていた方へ発信したいことは山ほどあるにもかかわらず、伝えられないもどかしさを感じ続けておりました。

問題は解決していないため、早く時間を見つけて取り掛かろうと思います。

身の回りの大きな変化としては、息子が中1になり、初めて5段階評価の通知表をもらってきたことでしょうか。

興味深いことに、小学校時代の通知表(3段階)を5段階に換算したものと、今回もらってきたものと、ほぼ同じ数字でした。

そして、想定外に実技教科の苦戦が顕著でした。

テストで上位に入っていても3がついたり…。恐れていた2がつかなかったのが救いです。某教科のテストのできからして、もしかしたら2、来るかも、、、と恐怖でしたから。こちらは踏みとどまってくれました。

私立の進学フェアーで「2はマズイですね」と散々聞いていたので、とにかく「3以上でお願いします」と念じていました。

ひとまずベースとなる成績が出たことで、最低限キープしていけるよう、距離感を保ちつつアプローチしていこうと思います。

内申点、私が「いいなぁ~」と思っている高校へは不足していますが。3年後、息子に合った良い高校と巡り合えるよう、まずは「提出物をしっかり」とさせていきたいです。

1学期は「プリント紛失」による取りこぼしがあってがっかりでしたので、そういうミスはないようにしてもらいたいなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年5月 4日 (土)

GW後半初日に予約なしで東京スカイツリー

下調べゼロにも関わらず、親子3人で初めて東京スカイツリーに登り、GW後半初日の夜景を堪能してきました。並び疲れたのが本音ですが、一番高い所(フロア450。最高到達点451.2m)まで行き着きました。

・私と息子が当日配布の整理券3枚を午後2時30分頃に偶然取得。この日は午後3時??分に整理券配布を終了しましたとアナウンスしていました
・チョコレートのソフトクリームをテイクアウトして、ツリーを見上げながら食べる
・一旦帰宅して昼寝。午後6時過ぎに再度出発
・午後7時過ぎにスカイツリータウンに到着。ライトアップされたツリーはとても美しい。タウン内の立ち食い寿司で夕食。早くておいしかった
・整理券に指定された午後8時~8時30分の少し前、午後7時台に入場(できました)
・午後9時頃、低い方の展望台に到着
・すぐに高い方の展望台のチケット販売の列へ
・高い方の展望台に午後9時20分頃到着
・美し過ぎる夜景を堪能?
・帰りのEVが混雑していますとのアナウンス。あまり観賞する時間もなく帰りのEV列に並ぶ。疲れた赤ちゃんの泣き叫ぶ声。お気持ちわかります
・低い方の展望台に戻るが、ショップを見ている時間なし。真下が見えるガラス床に私と息子が乗る。高所恐怖気味の夫は固く辞退
・カフェはラストオーダー終了。喉が渇いて、トイレでうがい(爆)
・やっとこさ地上に戻るとショップが店じまい中
・慌ててお土産のクッキー缶を2個つかみレジへ走る
・疲れ果てて家路につく

今回は、とりあえず登ったという事実が大切かな、ということで。次回はじっくり計画を練って楽しみたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月 2日 (火)

新年度開始!

4月1日から職場では新しいメンバー3名を迎え、家庭では息子が中学生になりました!小学校生活6年間は振り返るとあっという間でした。

息子が小学生になったのは、前の部に異動したとき。自分と息子の環境が同時に変わるのはなかなか大変だったため、今回は計画どおり1年ズレて、安堵しています。

仕事は引き継ぐものと引き継がれるものとがあって混乱気味ですが、少しずつ平準化させていきたいです。

今年度の目標は大きく、残業縮減。

自分とサポート役のペアーが独立したため、いかに効率よく仕事をさばけるか?勝負の一年とします。

言いたいことは山ほどあるけれど、自分から変わらなければ…!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧