住まい・インテリア

2013年6月 4日 (火)

3年ぶり 子供部屋にエアコン設置

今の住まいに引越した際、子供部屋のエアコンを取り外したついでに処分しました。10年くらい使用していたので「買い替えにより相当電気代を節約できますよ」というパンダマークの引越屋さんのアドバイスに従いました。

その後震災をはさんで3シーズン、購入→設置工事のハードルは思いのほか高く、何度も家電売場に行っては面倒になってUターンする日々。

先々週、今年こそはエアコン設置、と気合いを入れて最寄りの家電量販店へ。

売場で迷うのが嫌だったため、冷房6畳タイプで最安値の品!と心に決めて出かけました。日曜日の夜という閑散とした環境下、間髪入れずにイケメンの定員さんが声をかけてくれたので(爆)、購入スイッチがオン!

「一番安いのはどれですかっ」と前のめりで質問したところ、

「一番安い東芝は売り切れです」限定品のチラシ掲載品。49,800円でした。→×

残念っ!

しかし、ここで引き下がったら今年もまた、灼熱地獄でがまんすることになりそうです。悔しさをぐっとこらえて、

「次に安いのはどれですかっ!?」と聞き返すと、

「ダイキン59,800円。同額でパナソニック。ただし、性能はダイキンが上です。同等のパナソニックだとプラス1万円ですね」

一瞬迷いました。

機種につくロゴは正直パナがいい。しかし、普段見もしない箇所にプラス1万円ってどう?肝心の本体性能はどうなのだろう?ダイキン&パナのエアコンは使ったことない。短時間でグルグル。

結局、性能見合いで最も安価なダイキンに決定。室内用化粧カバーをプラス1万円。子供部屋は穴の位置が特殊なたため、室内のホースがとても長くなってしまうのです。基本工事仕様(テープ巻き)だと年々汚くなるため、やむを得ずの出費です。

後日談。

設置工事にいらしたお兄さんが、

「室内用化粧カバーでこれほど長いものはめったに出ないため、車に積んでいません。追加の部品を発注して納品後に工事となります」

確かに一般家庭の室内で3メートル近くもホースを引き回す現場は少なそうです。屋外用化粧カバーだったら(よく出るため)車に積んでいるとのことで、お兄さんの提案により、室内に屋外用を付けてもらうことにしました。屋外用のため、追加料金(室内用だと3,000円以上かかったはず)はサービス。

という訳で、子供部屋の隅で屋外用化粧カバーが物凄い存在感で光り輝いています。何てったって屋外用ですから見かけも実際も頑丈そう。ここだけは、どこぞの高級戸建ての外壁かと見間違えるくらいです(汗)

あとは、マイ・ダイキンエアコンが当りの品だと良いのですが、、、

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月15日 (月)

やっとファイリング完了

昨日に引き続き、書類整理を頑張りました。

未整理のボックスファイル2個、入りきらずに袋に投げ込んでいた書類1束。やっと空にして、すべての書類を分別のうえ廃棄若しくはファイリングを完了させました。

スッキリ!

あとは溜りに溜ったレシートの整理=家計簿付け&書籍・雑誌類の売却。

何とか家事を平準化していきたいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月14日 (日)

少しずつ家庭の書類整理を

昨年度1年間、家庭の書類整理がおぼつかなくなっていました。職場を異動した年はどうしても仕事に集中せざるを得ないため、家の中が混沌としてしまいます。

職場の机周りを整理したことで弾みがつき、少しずつ家庭の書類も整理し始めました。

まずは息子の小学校関係のプリント類のうち、メモリアルとして残す分以外を処分。ファイルの空いた部分には、今後中学校の書類を収納しようと思います。

6年間分の連絡網は、思い出としてひとまず残すことにしました。

1年生、4年生のときお世話になった担任の先生は既に別の小学校へ。2年生のときの先生は今年3月で定年退職。卒業証書授与では、袴姿で校長の介添えをされていました。3年生の先生は臨職だったため、毎年異なる小学校で勤務されています。5年生、6年生のとき続けて受け持ってくださった先生は唯一、卒業校に残っています。

書類を整理しながら、6年間の様々な出来事が思い出されて、じーんとしたり。

学童の入園のしおりには幼かった息子のたどたどしい「ひらがな」による記名があり、捨て切れずに保管へ。思い出を大切にしながらも、新しい生活に見合った環境を整えなくては。

ところで、ブログにアップし忘れていたことが。

息子の卒業式前夜、急きょ思い立って、最寄りの大型電気店でビデオカメラを購入しました。

13年前最新型だったハンディーカムもさすがにレトロ。スイッチは入るし、何とか撮影もできるのですが。これ以上ミニDVテープが増えても管理に困るうえ、購入価格だけ比較すれば、信じられないくらい安価で、小さく軽い、性能の良い機種が手に入る時代になっています。

このような状態を社会的寿命と言うのかしら?と思いつつ。

ざっとネットで調べたところ「業務用のビデオカメラはパナソニックかソニーが多く、この2社を選べば問題ない」との記事が目についたので、2店梯子して、2社の製品のうち一番安価だったパナソニックの低価格機種を選びました。

本来だったら家電は型落ちしたタイミングで最安値を狙って購入するのに、今回ばかりは発売直後?らしいけれど。卒業式開始まで12時間を切りそう、、、ということで、即お買い上げ。

今のところ何の問題もなく、とても気に入りました。次に買い替える頃、息子はいくつになっているのでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月31日 (日)

自宅も片づけ

この週末は家族総出で、じわじわと乱れ続けていた自宅の片づけをしました。

息子の小学校時代の物を極力捨てて、一部家具の入れ替えも。中途半端に家中のあちらこちらに積み上がっている衣類、書籍、雑貨を整理し、キャビネット内に収めました。

その合間を縫って、
・私の耳鼻咽喉科(花粉症の薬のみ)、呼吸器内科、皮膚科の通院
・息子の皮膚科の通院

をしたので、あっという間に土、日が終わってしまいました。

時間はかかりましたが、家の乱れは自分としては限界点でイライラの原因にもなっていたため、ギリギリ年度内にケリがついて安堵しました。

後は、各引き出しの中の細々とした物の整頓、衣類のさらなる減量等に少しずつ取りかかろうと思います。

明日は、金曜日に終わらずに残してしまった職場の引き出し×2杯の整理をするつもりです。これで職場&自宅がカオスではなくなり、新年度からは落ち着いて過ごせそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月18日 (金)

狭いのがイヤダ

息子から、ついに究極の一言が。

「家が狭いのがイヤダ」何てストレートな!君がぜーったいに引越たくないっと言ったから、団地内で引越までしたのになぁ。

子供の考えって、当たり前だけれど折々に変わるのですね。変化を受け入れられるまで、成長した証なのでしょう。

ところが、いざ転居先を探すとなると悩ましいところです。

・購入か賃貸か:借りるのなら、分譲賃貸を試してみたいと思っています。賃貸団地の管理には不満が一杯だったので。このタイミングで購入の決断をするべきかどうか。

・古いか新しいか:新しくて広いところは予算的に無理だから、ある程度の築年数はやむを得ない。とは言うものの、購入であれば迷うところです。

・駅からの距離:駅前生活を20年近く続けているため、どのくらいまで離れても耐えられるか未知数。中学校&塾との距離も大切です。

つらつらとネットの不動産情報を眺めていたら、想像以上に賃貸相場が落ち着いているような気がしました。

しばらく家族で考えてみようと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月 1日 (木)

食器の断捨離法

「食器 断離捨」でこのブログをご訪問いただいている皆様、ありがとうございます。

食器棚を廃止して、台所の作業がこれまで以上に楽になりました。

・日常使う食器はシンクに立ったまま手の届く場所か
・シンクの上又は下のキャビネット内

に収まっているため、食器棚まで歩いていく動線がゼロになりました。これは想定以上に作業工程をカットしてくれました。屋台のおじちゃん、みたいです。

私の場合、

・今使っていない食器は燃えるゴミに出す(私の住む自治体では、瀬戸物、ガラス類は燃えるゴミ)

ポイントはたったこれだけ、の断捨離でした。

中には高価なモノもありましたが、この際思い切りました。まだ残しているのは、

・ブランド物の各種大皿

だけです。自分達や友人の結婚式の引出物が中心で、使用頻度は低いのですが、最も輝いていた?頃の思い出として持ち続けることに決めました。

食器の種類が少ないと、食卓の変化はつけにくくなります。それを見越して食器を整理するかどうかは、家庭ごとの価値観の問題だと感じています。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2012年10月21日 (日)

キャン・ドゥ&シルクのキッチン・ストッカー

___11 息子の工作用材料を購入するため、駅最寄りの100円ショップ、キャン・ドゥ&シルクをハシゴしました。

どちらでも販売されていたホワイトのキッチン・ストッカー。ピンクの小さいコロが後ろに2個ついていて、スムーズに転がるので、ほんの少し持ち上げると楽に引き出せます。

大きさ、質感、価格のバランスが良いと考えて、4個購入。早速、キッチンキャビネット内で暫定的な入れ物にしていた空き缶と入れ替えました。2個横に並べた後ろに、もう1個直角に並んでいます。残りの1個は隣の扉内に。

このくらいの高さだと全体がよく見渡せて、かつ、中の物が倒れることもないため使い勝手が良いです。

キャビネットを開けると、ほとんどの物がすぐに手に取れるようになって、収納カウンセラー「飯田久恵先生」の教えによるアクション数の少ない収納になりました。このくらいのスペースに小さなプラスチック製のチェストを入れていたこともありましたが、アクション数が増えて開け閉めが面倒になり、収納物を死蔵しがちでした。

「取り出しやすいように、上部の空間を確保することが大切。」と飯田先生の著書やセミナーから教わった後は、中の物を減らして、取りだすための空間を意識しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ステンレスと黒のコラボ

2年と少し前、同じ団地内の同じ間取りで垂直移動した際、下側のキッチンキャビネットの色が白から黒に改装されていました。改装と言っても、既存のキャビネットにカッティングシートを貼ってツマミを黒に交換しただけ。新築時の内装を知っている者としては、正直苦笑してしまうようなお化粧直しです。

しかし、そのおかげで、愛用しているビタクラフト鍋、後から質感を合わせて買い直したミニケトル、ステンレスの水きりかごなど、ステンレスと黒のコラボがよい感じで整って見えるようになりました。

特に意識してきた訳ではありませんが、DK内が少しずつステンレス、木目、白、ベージュ、黒、アクセントカラーの濃いピンクで揃ってきました。

結婚直後に読んだインテリア指南本の中に、

・好みのスタイルで一度にインテリアを完成させるのは難しいから、一つ物を買い替えるときは、自分の好みのデザイン、色を意識するようにしましょう。
・そうして、時間をかけてインテリアを整えていきます。

という主旨の記述がありました。ずっとこのアドバイスが頭の片隅にあり、以来、多くの失敗はありましたが、安易にデザイン、色を氾濫させないようにと気をつけてきました。

あれから二十年近くの時を経て、インテリア雑誌のようにはいかないけれど、自分の好みのデザイン、色に囲まれて気分がいいな、と思えるようになってきました。

今日は、最寄りの書店で石黒智子さんの新刊をゲット。

また、新しい暮らしのヒントをいただけそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月 8日 (月)

MUJIのメイクボックスを卵ケースに

石黒智子さんのエッセイを読んで、いつかは実現したいと思っていた

・冷蔵庫のデフォルトの卵ケースを廃止して、MUJIのメイクボックスを卵ケースにすること。

卵を受ける部品をメイクボックスに合わせて加工しなければならず、私にはプラスチックの加工は難しいなぁ、と諦めていました。

この3連休に冷蔵庫の掃除をしていて、もしかして我が家のデフォルトの卵ケースは、加工しなくてもメイクボックスに収まるのではないか?と気づきました。冷蔵室はフレンチドアのため、卵が2個ずつ縦列しているタイプではなく、厚みをもって変形して並んでいるタイプなのでした。

早速、メイクボックスを購入してくると、お見込みのとおり!多少余るくらいですが、無事に「そのまま」卵を受ける部品が収まりました。

これで、

・卵を冷蔵庫に移し替えるたびに、ドアーが開きっぱなしの警告音に焦ったり、卵を移し損ねて割ったりするリスクから解放されるのです。

ささいなことですが、長年少しでも引っ掛かっていたことが解消されるのは実に気分が良いです。楽しく家事を続ける原動力になります。

それにしても、思い込みはすごいものです。部品の加工は必須と考え、一度も試してみなかったのですから。ホント、コロンブスの卵、な出来事でした。

(2012.10.15追記)

___10 卵を受ける部品が少し遊んでいた箇所には激落ちくん(掃除用スポンジ)をカッターでちょうどよい大きさにカットして、押し込んでみました。激落ちくんの素材がフィットした様子で全く部品が動かなくなりました。完璧な仕上がりで満足です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月22日 (土)

電子レンジ台に棚板を1枚プラス

食器棚の断捨離以来、整理し直したキッチンのモノたちを使い勝手がよいように、少しずつ入れ替えています。

そんな中、もうほんの少しだけ収納が欲しくなり、炊飯器用の中段を外して使用していた電子レンジ台に棚板を1枚プラスすることを思いつきました。

電子レンジ台は古い鉄製のため、DIYで棚板をつけることは難しいつくりです。しかし、あらかじめ側面についているネットの上部に載せれば、うまくいきそうです。

早速、家中のトレー&板探し。色々試してみたところ、遊んでいた靴箱の棚板がまるで誂えたようにミリレベルでジャストサイズであることを発見しました!早速、棚板をアルコールできれいに拭いてから、側面に無理やり「ネジ式ダボ棚受」をねじ込んで、ネジ式ダボの引っ掛かかりを使ってネットの上部に安定させることに成功。

「ネジ式ダボ棚受」は東急ハンズのダボ・コーナーで購入しました。ダボ穴の開いていない場所に棚板を移動したいときに、錐で小さな下穴を開ければプラス・ドライバーでねじ込める、とても便利な部品です。

新しい棚板はあまり負荷をかけるとダボが抜けそうなので、軽いモノの収納に活用する予定です。色々置いてみて、ベストの位置取りを検証していくことになりそうです。

すっかり気をよくしたところで、以前から気になっていたゴミ箱の置き場所を数センチずらす作業もしました。

ウォーターサーバー→冷蔵庫(耐震金具の移設)と玉突きでずらして、やっとこさゴミ箱も移設。キッチンに立つと時々ゴミ箱の角に脚が当って不快でしたが、これで解消されるはず。キッチンキャビネットの開閉もしやすくなって、これでミニマムキッチンの向上計画は一段落です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧