« 初心者中年のフィギュアスケート教室(12か月目) | トップページ | いよいよクロス(苦戦中) »

2015年6月25日 (木)

はじめての研磨

マイシューズを購入して、よくわからなかったのが研磨のタイミングです。どのくらいの間隔で研磨するのか、滑る頻度によって違ってくるため、一概に言えないのですね。

結論として、自分で滑っていてわかりました。明らかにエッジがおかしい。止まれない、エッジが効かずに鈍(ナマク)らになっている…!アウトエッジに乗る練習でステンと転んでしまい、これは研磨しないとダメだと感じた次第です。購入後ちょうど10か月でした。

スケートショップへ持ち込み、着替えながら待つこと20分。機械研ぎをしてもらいました。(税込1000円)

不安でショップの方に相談したところ、

○これが本来のエッジの姿なので、慣れるしかない。逆にこれまで(鈍ら時代)が違うものだったということ。

との有難いお答え。ナルホド!

力を得て試し滑りしてみましたが、これが…。ホームリンクでない上とても混雑していて、ニアミスの連続。慣れないエッジでひたすら疲れました。滑れないのが研いだエッジのせいなのか、わからないまま1時間弱で退散。

翌朝、いつもの教室になってしまい焦りました。エッジがひっかかって、特にバックのひょうたんが、あれれ…。進まないよー(汗)

しかし、徐々に慣れてきてアウトエッジに乗る練習では自分比でよく乗れました。これがエッジが効いている感覚なのだなぁ…。ふむふむ。

教室後、2時間程度の自主練では良い感触を取り戻すことができて、ひと安心。効くようになったエッジで、ストップの練習を頑張っていきたいです。

|

« 初心者中年のフィギュアスケート教室(12か月目) | トップページ | いよいよクロス(苦戦中) »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: はじめての研磨:

« 初心者中年のフィギュアスケート教室(12か月目) | トップページ | いよいよクロス(苦戦中) »