« ホテル日航東京、1泊お手軽旅行 | トップページ | ぼくの好きな先生 »

2009年5月 3日 (日)

ウィルス性、下痢・発熱

一旦おさまったかに思えた発熱。またしても38℃台まで上がってしまいました。大人しく横になっているべきですが、節々の痛みと突然襲ってくる腹痛→トイレ直行のため、起きていた方が楽なんですね

それに慢性寝不足のところに昼間たっぷり睡眠をとっているため、夜は目も冴えてしまう。

「ウィルス性 下痢 発熱」などとググッてみて、ふむふむなるほど~。ネットは本当に便利です。

嘔吐の症状がないのは、同じウィルスに過去感染したことがあるからかも。少し免疫があるから、軽症なのかもしれないです。ただし、発熱と言い、持続の仕方と言い、単なる下痢とは明らかに違う苦しさ。

新型インフルエンザもウィルス。今私を苦しめているのもウィルス。

ウィルスは、特に人や動物、鳥達に悪さをしようと思っているわけではなく。意志もなくどんどん変異してしまうから、本当に性質が悪いのです。

仕事絡みで「人類の歴史は感染症との闘い」と学習しましたが、結核、HIV、そして新型インフルエンザといよいよ闘いが本格化しつつあります。

トイレで苦しみながら、いろいろ考えてしまいました。

|

« ホテル日航東京、1泊お手軽旅行 | トップページ | ぼくの好きな先生 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

アリーさん、ご旅行中に大変でしたね。
私も一泊の旅行から昨日帰宅し、今日ブログを拝見しました。新型インフルエンザと混同されませんでしたか?どうぞお大事になさって下さい

旅行でずいぶん人混みの中を歩きましたが、私も含めて、ほとんどマスクをしている人はなく・・・新型インフルエンザへの警戒がこんなに薄くていいのかな?と思った家族旅行でした。

投稿: たいまま | 2009年5月 4日 (月) 21時54分

たいままさん、コメントありがとうございます。

確かにこの時期に発熱って、あまり良い気分はしないですよね。一応エチケットだと思って、外出時のマスクは励行しています。

そう言えば、新型対策で購入していたうがい薬と手指の消毒薬が大活躍なんとか夫と息子への感染が防げたら、と思っています。

マスクは予防と言うよりは、感染者が着用することに意義があるようですね。感染者は潜伏期間中はまだ罹患したことがわからない訳で、だからこそ皆でマスクすることが大切なのだと思います。

とは言っても、我が家でもマスクしているのは私だけ。本当にGW明けにどう展開するのか、心配です。

投稿: アリー | 2009年5月 4日 (月) 22時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ホテル日航東京、1泊お手軽旅行 | トップページ | ぼくの好きな先生 »